2016年9月24日土曜日

式敷駅より秋の気配


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:400
シャッタースピード:1/160秒
レンズ絞り値:F16.0
露光補正量:EV0.3
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:190.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

三江線、式敷駅横の踏切脇からの撮影。本当は↓のカットの余禄みたいなもので、式敷駅を発った列車を見送っていて萌黄金色(勝手に命名)の田の様子が印象的で、慌ててカメラを三脚から外して手持ちで撮影した。いくつかの田が連なっているが、奥行きに向かって低くなっているので、畦が見えなくなっているのが幸いしたのだろう。撮った後になって左手の畦にヒガンバナが咲いているのに気付いた。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/640秒
レンズ絞り値:F2.8
露光補正量:EV0.3
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:200.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

派手な草花が咲いているわけではなかったが、エノコログサうあアキノノゲシという、秋を代表する地味な花が勢いを増しているのに気付いて撮りたくなった。あくまで主題はそれらの草なので列車はアウトフォーカスでじんわりぼかしたが、すこしでも通った人ならここが式敷駅であることをわかるようにホームに屋根も入れてみた。よく、派手な花の群生で似たような構図で背景である列車にピンを当てている写真をよく見かけるが、あれはどうなんだろう。思いっきりぼかして画面を占めさせるならわかるが、その花が何の花であるのかわかる程度の中途半端なぼかしではかえって画面を汚くしているように思う。主題が花なら花にピントを当てるべきでは?


式敷駅の対岸から


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:1000
シャッタースピード:1/100秒
レンズ絞り値:F8.0
露光補正量:EV-1.3
開放F値:F4.6
レンズの焦点距離:500.00(mm)

三江線、式敷駅の対岸からの撮影。ちょっとロングすぎて構図を詰めたことがなかったが、石州瓦の民家を背にちらりと列車が顔を出すポイントが以前から気になっていた。手前を電線が横切っていてどうにも邪魔をしてくれるが、堰堤の斜面を上下しながら構図を決めた。もう少し降りれば電線を処理できるが、そうすると線路面より下になるのでちょっと面白くない。列車が飛び出してくるタイミングを狙い、美しい光芒が出やすいF8にセット。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:400
シャッタースピード:1/60秒
レンズ絞り値:F10.0
露光補正量:EV-0.7
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:150.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

同じ場所からやや式敷駅方向にカメラを振って蓮照寺を背景にしてみる。この角度からだとお寺が城砦のように見えて面白い。ただ撮ってみれば平凡な写真になってしまった。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:1000
シャッタースピード:1/30秒
レンズ絞り値:F13.0
露光補正量:EV-1.3
開放F値:F4.6
レンズの焦点距離:500.00(mm)

同じポイントからさらに一枚。式敷駅横の踏切。手前の田に生えていたヒガンバナを無理やり押し込んだが無理があった。花の密度が薄く、畦の方向に超望遠でもっと圧縮を狙った法が良かったかもしれないが、そうすると横方向の広がりが貧弱になる。結局その程度の被写体ということだろう。再訪時にヒガンバナとの絡みに再挑戦したいが、この花は新鮮な期間はそれほど長くない。また来年、ということになれば廃止の時期と重なり、湧いてくる来るカメラマンに撮影どころではなくなるだろう。



2016年9月1日木曜日

緑の城


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:400
シャッタースピード:1/250秒
レンズ絞り値:F13.0
露光補正量:EV-1.3
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:200.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM


夏の盛りを過ぎてなお、山肌を覆う緑は瘴気を発散させているが如く人を寄せ付けない。三江線はそんな中、息を詰めて幾つかの短いトンネルを通り抜ける。

広島自然画報に戻る

2016年8月31日水曜日

所木駅前の唐香橋より


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:400
シャッタースピード:1/400秒
レンズ絞り値:F16.0
露光補正量:EV-0.7
開放F値:F4.6
レンズの焦点距離:500.00(mm)


少し秋の気配が感じられた三江線沿線。江の川は所々長い見通しの良い場所があり、所木-信木駅付近もそんなところ。所木駅前から対岸に架かる唐香橋から信木駅を通り越して式敷駅に向かう列車をチラ見することができます。

広島自然画報に戻る

2016年8月24日水曜日

江の川カヌー公園さくぎ2


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:800
シャッタースピード:1/320秒
レンズ絞り値:F13.0
露光補正量:EV-1.0
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:70.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

ふたたび江の川カヌー公園さくぎを訪れた。かねがねこのアングルで撮ってみたいと思っていたから。子供たちの歓声に送られて三江線を行く。

2016年8月22日月曜日

人の気配の口羽駅


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/16秒
レンズ絞り値:F9.9
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:200.00(mm)


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/25秒
レンズ絞り値:F14.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F3.5
レンズの焦点距離:10.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/4秒
レンズ絞り値:F25.0
露光補正量:EV-0.3
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:70.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

夏の盛りとの三江線口羽駅。日に数度の列車交換が行われる。ある便ではわずかな停車時間を惜しんでホームに降りて記念撮影。またある便では満員の乗客目当てにお弁当の販売と、人の気配の乏しい三江線の駅にしてはにぎやかな光景にお目にかかれるのだが、それも列車が去るまでのわずかな間。

2016年8月18日木曜日

ターミナル駅 船佐駅


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/100秒
レンズ絞り値:F13.0
露光補正量:EV-0.3
開放F値:F3.5
レンズの焦点距離:10.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:400
シャッタースピード:1/200秒
レンズ絞り値:F11.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F3.5
レンズの焦点距離:10.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM



機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/40秒
レンズ絞り値:F13.0
露光補正量:EV-1.0
開放F値:F3.5
レンズの焦点距離:10.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:400
シャッタースピード:1/1328秒
レンズ絞り値:F11.3
露光補正量:EV-1.0
レンズの焦点距離:12.00(mm)


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:400
シャッタースピード:1/320秒
レンズ絞り値:F11.0
露光補正量:EV-1.0
開放F値:F3.8
レンズの焦点距離:13.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

三江線の三次駅から4つ目の駅、船佐駅。山裾のカーブ途中にホームが設けられており、島式ホームのように見えるが、開業当初から1線の停留所のようだ。対岸の国道375号線からは川岸の竹林に隠れてちらりとしか姿が見えない。橋で渡ろうにも、上流方面はほぼ三次市内まで戻らなければならず、下流方面は所木駅までの道のりを要する。三江線側の県道はしばしば土砂崩れなどで通行止めになり、当駅や長谷駅を訪ねるためには所木駅まで遠回りを強いられる。その県道もつい最近開通したばかり。駅周辺には数戸の民家があるだけで、この状況から乗客多寡は推して知るべし。そんな船佐駅といえばこの駅にしては意外なほど広々とした駅前広場を有し、真ん中には使用された形跡がほとんどない駐輪場を配している。なんどか撮影でこの駅を訪れたことはあったのだが、ある時バス停の標識が設けられていることに気づいた。時刻を確認すると、夕刻に三江線の登りの432Dがバスに連絡しているようだった。失礼ながらこんな辺鄙な駅が曲がりなりにもターミナルとして機能しているのか興味がわいて、その時刻に船佐駅を訪ねてみたものだ。数回訪ねた結果なので不正確だが、平日には少なくとも一人が列車からバスへ乗り継いでいるようだった。一度だけ432Dからバスに乗り継いで甲立まで乗ってみた。そのバスは国道54号線沿いの吉田営業所行。船佐駅から長谷駅方面に少し戻り、ほぼ県道322号線に沿って高宮を経由し甲立駅経て吉田営業所へ至る。別の日にはもっと利用があるのかはわからないが、細々とターミナル駅として機能している船佐駅の姿を見ることができてほんの少しホッとするやら、心細いやら。

広島自然画報に戻る

2016年8月15日月曜日

江の川カヌー公園さくぎ

 機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/60秒
レンズ絞り値:F14.0
露光補正量:EV-1.3
開放F値:F3.5
レンズの焦点距離:18.00(mm)
EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS STM


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/40秒
レンズ絞り値:F18.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F4.2
レンズの焦点距離:17.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM



三江線、式敷-作木口駅の対岸に江の川カヌー公園さくぎという施設がある。気軽にカヌー体験ができる施設で、川面に浮かぶ赤や黄のカヌーと深い緑の背景とのコントラストが美しい。三次駅を午前10時前に出発する424Dの通過に合わせて、水面上のカヌーからパドルを振ってくれる。

広島自然画報に戻る

第一江川橋梁とペルセウス流星群


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:1250
シャッタースピード:20.00秒
レンズ絞り値:F2.8
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:14.00(mm)

三江線の粕淵駅付近の第一江川橋梁。現地を訪れてからこの日がペルセウス流星群の極大日だと知った。慌てて輻射方向を調べて橋梁との絡みがよさそうな場所を探した。肝心の流星は・・・。

広島自然画報に戻る

2016年8月9日火曜日

渓谷に響き渡る橋梁を叩く音


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:1000
シャッタースピード:1/16秒
レンズ絞り値:F8.0
露光補正量:EV-2.0
レンズの焦点距離:70.00(mm)

三江線の宇都井-石見都賀駅間、江の川をトンネルからトンネルへワンスパンで渡す第二江川橋梁。高速で通過する列車は、一瞬姿を現してすぐにトンネルに身を隠し、橋梁を大きく響かせて渓谷に余韻を残す。