2017年6月22日木曜日

伊賀和志集落の霞む先


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:400
シャッタースピード:1/100秒
レンズ絞り値:F16.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:200.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

早朝の伊賀和志の集落に朝日が差し込みはじめ雑然とした電線に反射する。川面からはうっすらと川霧がたちあがって、集落とともにある第四江川橋梁の存在を霞ませる。

第一江川橋梁から躍り出る


機種:Canon EOS Kiss X3
ISO感度:400
シャッタースピード:1/200秒
レンズ絞り値:F14.0
露光補正量:EV0.3
開放F値:F3.8
レンズの焦点距離:24.00(mm)
EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS STM

第一江川橋梁を渡ってきた列車は、警笛を鳴らして早苗田の前に踊り出ます。

2017年6月20日火曜日

鮎釣り人と三江線


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:800
シャッタースピード:1/400秒
レンズ絞り値:F16.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F4.6
レンズの焦点距離:500.00(mm)
SIGMA APO f4.5 500mm

作木口と江平駅のあいだ、釣り人達に港の瀬を呼ばれている場所。鮎釣りが解禁となってさっそく竿を振るう人影。その頭上をゆっくりと列車が通過していくと、車窓の旅人と川面の釣り人がひと時視線を交わして三江線の景色となった。

三江線とホタル

三江線を撮影していて、特徴的に季節の風物を取り上げた時、もうこの題材に「また来年」は無いのだと言い聞かせる。しかし我が腕前は短すぎて儘にならない。せめて武術でいうところの残心を持って次の撮影にのぞみたいと思う。三江線とホタルの組み合わせもあと僅か。口羽駅、宇都井駅で撮影はしたが、あともう一カ所くらいはホタルと遊んでみたいと思う。






2017年5月21日日曜日

鮮緑を写す川面


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/50秒
レンズ絞り値:F14.0
露光補正量:EV-0.3
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:125.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

2017年5月16日火曜日

マツバウンランと式敷駅


機種:Canon EOS Kiss X3
ISO感度:100
シャッタースピード:1/80秒
レンズ絞り値:F13.0
露光補正量:EV-0.3
開放F値:F4.2
レンズの焦点距離:119.00(mm)
SIGMA70-300mm

比較的乾燥した環境を好むマツバウンラン。そろそろあちこちで群生する姿が見られるだろうと思ってモデルを探していると式敷駅のホーム端であっさり見つかった。群生するといっても見下ろしの密度は薄いので、誰もいないのをいいことにホームにうつ伏せて望遠レンズで圧縮効果を狙った。群生の中で山稜となるべき花の峰を探してピントを合わせ、埋没しそうな花を際立させた。