2017年2月22日水曜日

長谷駅の待合室から



機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/13秒
レンズ絞り値:F13.0
露光補正量:EV-0.7
開放F値:F3.5
レンズの焦点距離:10.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

ある意味悪目立ちするようになった三江線、長谷駅。SNSやBLOGで多くの方々がこの駅の写真をあげられています。皆と同じような写真ばかり撮ってもつまらないので待合室のなかから去りゆく列車を撮ってみました。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:400
シャッタースピード:32.00秒
レンズ絞り値:F9.9
露光補正量:EV0.0
レンズの焦点距離:10.00(mm)

そして夜。待合室のすみっこで、体を縮めて息を殺してバルブ撮影。カメラ位置はもう少し高いほうがよかった。

望遠レンズで橋梁抜き


 機種:Canon EOS 7D
ISO感度:500
シャッタースピード:1/250秒
レンズ絞り値:F14.0
露光補正量:EV-0.7
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:70.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

三江線がその河岸を走る江の川には鉄道橋の他、様々な自動車橋が架かっている。前回記事の木立抜きと同じ手法でこの橋も抜いて撮りたくなる。

作木口駅前の三国橋。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:320
シャッタースピード:1/512秒
レンズ絞り値:F9.9
露光補正量:EV-0.7
レンズの焦点距離:120.00(mm)

香淀駅付近の香淀大橋。この橋は結構湾曲しているので、対岸の橋の袂に立つと列車が見えない。渡り切ってすぐの枝道から撮るのが良い。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/49秒
レンズ絞り値:F16.0
露光補正量:EV-1.0
レンズの焦点距離:95.00(mm)

メインの国道から外れているので少しなじみの薄い栗原橋。石見簗瀬-乙原駅。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/25秒
レンズ絞り値:F9.1
露光補正量:EV-0.3
レンズの焦点距離:140.00(mm)

よく題材に取り上げられる人気の唐香橋。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/21秒
レンズ絞り値:F9.9
露光補正量:EV-0.7
レンズの焦点距離:173.00(mm)

そして式敷駅付近の式敷大橋。橋梁の構造物を圧縮すると画になりますね。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:800
シャッタースピード:1/500秒
レンズ絞り値:F9.0
露光補正量:EV-0.3
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:135.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

同じ式敷大橋を、敢えて抜きを外してみました。

望遠レンズで木立抜き


 機種:Canon EOS 7D
ISO感度:800
シャッタースピード:1/60秒
レンズ絞り値:F9.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:85.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

よく使う手法、木々のトンネル抜き。額縁の効果に加えて遠近感を強調できます。三江線、江津本町駅を発った列車を上流方面から。


 機種:Canon EOS 7D
ISO感度:800
シャッタースピード:1/320秒
レンズ絞り値:F13.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F4.6
レンズの焦点距離:500.00(mm)
SIGMA APO500mm

同じ手法で三江線、因原-鹿賀駅にて。石州瓦の来待色がもうちょっとたくさん入れられればよかったか。




2017年2月21日火曜日

三江線最終列車到着を俯瞰する


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:160
シャッタースピード:8.00秒
レンズ絞り値:F10.0
露光補正量:EV-1.3
開放F値:F4.6
レンズの焦点距離:500.00(mm)
SIGMA APO500mm

高谷山より三次駅を超望遠で俯瞰。三江線の最終列車の到着を待ちました。

板ガラスのテールライト


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:1000
シャッタースピード:1/2秒
レンズ絞り値:F4.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F3.5
レンズの焦点距離:10.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

最終列車が走り去った三江線、長谷駅。駅待合の板ガラスに映ったテールライトが、しばらくのあいだ不規則に揺れています。

2017年2月20日月曜日

廃レール


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/5秒
レンズ絞り値:F18.0
露光補正量:EV-0.7
開放F値:F3.5
レンズの焦点距離:10.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

三江線の線路端のスナップ。命数が尽きつつある三江線の線路わきで朽ちつつもなお、ガードレールとしての役目を担い続けている廃レール。

※ ツイッターに投稿したものをボチボチ再録しています。タイムラインの波間に溺れさせて消えてゆくのは残念なので。

濃霧の光条


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:800
シャッタースピード:2.00秒
レンズ絞り値:F5.0
露光補正量:EV-2.0
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:150.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

この日、ガスが濃すぎて撮影にはならないかと思った。あまつさえ接近してくる列車。前照灯がカメラを捉えれば真っ白になって使い物にはならないだろうと。狙うなら列車が山影から姿を現す直前。強烈な前照灯がチンダル現象によって光条となって川面を撫でていきました。

微風のさざ波


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:1600
シャッタースピード:1/13秒
レンズ絞り値:F3.5
露光補正量:EV-1.7
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:85.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

いよいよ潮駅に到着する列車を潮発電所とともに。夜明け前の淀んだ川面を微風が撫でて、鏡水面をわずかに乱す。





鹿賀駅の小さなたたずまい


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:800
シャッタースピード:1/60秒
レンズ絞り値:F8.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:110.00(mm)
EF70-200mm f/2.8L IS USM

三江線、鹿賀駅はいつ訪れても愛らしいなぁ。ガスって背景整理できたのみ幸いだった。

2017年2月17日金曜日

銀猫に見守られた小奴可の里



機種:Canon EOS 7D
ISO感度:100
シャッタースピード:1/200秒
レンズ絞り値:F11.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F4.6
レンズの焦点距離:20.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

大雪を経て幾日か。そろそろ道路の状況も落ち着いただろうと芸備線小奴可駅周辺を訪ねてみた。そこには銀嶺をいただいて小奴可の集落を睥睨する化け猫の巣が鎮座している。それが猫山だ。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:1250
シャッタースピード:30.00秒
レンズ絞り値:F4.5
露光補正量:EV2.3
レンズの焦点距離:21.00(mm)
EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS STM

夜になっても雲ひとつなく、道後山駅に向かって徐々に高度を上げていく列車のテールをバルブで追います。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:400
シャッタースピード:1/20秒
レンズ絞り値:F10.0
露光補正量:EV0.0
開放F値:F2.8
レンズの焦点距離:50.00(mm)
EF50mm f/2.5 Compact Macro

明けて、朝一番の快速列車の戻り便が小奴可駅に到着したところを猫山をバックにします。


機種:Canon EOS 7D
ISO感度:1000
シャッタースピード:30.00秒
レンズ絞り値:F4.0
露光補正量:EV2.7
レンズの焦点距離:10.00(mm)
EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

星景と猫山と列車とを欲張ってしまいました。他にやりようがあるような気がします。